本文へ移動
群馬県生活協同組合連合会
〒371-0026
群馬県前橋市大手町 3-19-3
TEL 027-234-2376
FAX 027-234-8244

設  立: 1958年10月30日
会  長: 中村 隆夫
会 員 数: 14組合
     (他に準会員1)
組合員数: 約72万5千人
     (2017年度末現在)
総事業高: 約808億円
     (2017年度)

 
2019年度群馬県消費者団体連絡会の総会が開催されました
 群馬県消費者団体連絡会(八田直樹会長)の2019年度総会が5月16日(木)に12団体・個人71名の参加により群馬県勤労福祉センター(前橋市)で開催されました。
針谷事務局長
 渡邉真弓事務局次長(全労済群馬推進本部)が司会として開会を宣言し、八田直樹会長があいさつし、続いて来賓として群馬県生活文化スポーツ部消費生活課長戸塚洋子様からご祝辞をいただきました。
 議長にパルシステム群馬の光山徹さんを選出し、針谷勉事務局長から、2018年度事業報告、収支決算報告、2019年度事業計画、収支予算、木暮あけみ監査から監査報告、宮田よし子副会長から2019年度役員を提案し、全議案が全会一致で承認されました。総会閉会にあたり、坂本棟男副会長があいさつしました。
 坂本副会長は「海外から電話をかけて国内の人が被害にあうということもある。私たちががんばらないと消費者被害はなくならない。20年以上消団連にかかわって本日卒業を認められることになったが、今後も個人として消費者問題や環境問題に関わっていきたい」としめくくりました。
司会 渡邉さん
議長 光山さん
監査報告 木暮さん
役員提案 宮田さん
閉会 坂本さん
 2019年度の役員体制は、会長に八田直樹氏(群馬県生活協同組合連合会)、副会長に飯塚佐和子氏(群馬県退職女性教職員の会)、宮田よし子氏(前橋市消費者団体連絡会)、齋藤久美子氏(生活協同組合コープぐんま)、監査に木暮あけみ氏(群馬県民主医療機関連合会)、瀧澤佳津子氏(群馬中央医療生活協同組合)、事務局長に田島仁氏(群馬県生活協同組合連合会)、他事務局次長3名、幹事10名を確認しました。
八田会長
◇八田会長のあいさつ
 群馬県第2次消費者基本計画が示されました。よりよい消費者行政のために、県と一緒にこの計画を進めていきたいと思います。
 群馬県消団連が呼びかけた消費者大会が例年開催されていますが、今年も市町村の消費者行政調査や県への要請に今年も取り組みます。
 群馬ひまわりの会が適格消費者団体の認定を受けて1年少したちましたが、事業者への申し入れでは3件の是正・改善を実現することができました。
 群馬県消団連を永く支えてこられた坂本棟男副会長(食とみどり・水を守る県民会議)が今期で退任されることになりました。御礼を申し上げます。
県消費生活課 戸塚課長
◇戸塚消費生活課長の祝辞
 消費者のため身近な取り組みを進めている皆様のご活躍に期待しています。県内すべての市町村からの消費者相談への迅速できめ細かな対応を行っています。5月18日は「ホットライン188(いやや)の日」としてアピールします。昨年は県内の消費生活センターへ2万を超える相談が寄せられ、身に覚えのない請求はがきや、還付を語る電話などの相談が増えています。昨年は60歳以上の方からの相談が5割を超えています。県民生活の安心・安全と消費者被害の防止、消費者教育の推進にみなさまと連携して取り組んでいきます。
司会 小林さん
 第二部記念講演は、新しく事務局次長に選任された小林慶行事務局次長(中央労金群馬県本部)の司会により進められ、NPO法人消費者支援ひまわりの会理事であり社会保険労務士の萩原秀長氏から「知っておきたい公的年金制度 障害年金について」をテーマにご講演をいただきました。
TOPへ戻る