本文へ移動
群馬県生活協同組合連合会
〒371-0026
群馬県前橋市大手町 3-19-3
TEL 027-234-2376
FAX 027-234-8244

設  立: 1958年10月30日
会  長: 中村 隆夫
会 員 数: 14組合
     (他に準会員1)
組合員数: 約74万2千人
     (2019年度末現在)
総事業高: 約812億円
     (2019年度)

 

県生協連ニュース

群馬県生協連・新着情報とお知らせ

北毛保健生協が「老健施設ほくもう」をオープン
2008-01-07
落成式典のようす(会場は通所リハビリテーション)
北毛保健生協が老健施設「ほくもう」
12月17日開所
同生協では初の入居型施設
12月13日落成記念式典
 
 群馬県生協連(本部:前橋市)の会員の北毛保健生協(本部:渋川市有馬)は、同生協としては初めての入居型介護老人保健施設「ほくもう」(渋川市渋川) を、2007年12月17日にオープンしました。また、これに先立つ12月13日に、落成記念式典を執り行いました。この式典では、同生協の高野昭夫理事長があいさつ、橋本真也在宅医療介護部長が新施設の紹介をしました。続いて、来賓の群馬県健康福祉部介護高齢課の江口哲郎課長、渋川市長代理の森田一男渋川市保健福祉部長、渋川地区医師会の櫻井芳樹会長の皆さんから祝辞をいただきました。その後、参加者に新施設が披露されました。
 
 続いて開かれたお祝いの懇親会では、群馬県生協連の峰岸通会長がお祝いを述べました。
 
 同生協の介護保健関連の新施設のオープンは、2003年の北毛診療所の通所リハビリ施設「北毛デイサービス」の開設以来のことです(ただし通所リハビリは現在中止、「ほくもう」が引き継ぐ予定です)。同生協では、デイケアサービス、訪問看護ステーションや居宅介護支援事業に取り組む中で、この間、老人ホームやケアハウスなどの入居施設開設をめざしてきましたので、この施設は、同生協としての入居型施設の第1号となります。
 
 オープンから10日ほど経ち、老健施設「ほくもう」の飯塚事務長は「出だしは順調です。現在10名に入所いただいています。定員の30名まで順次受け入れていきたいと思います。準備が整い次第通所リハビリにも取り組みます」とのことです。
 

◆老健「ほくもう」の施設概要

● 名 称
ユニット型介護老人保健施設ほくもう(電話:0279-60-5550)
 
● 所 在 地
〒377-0008渋川市渋川908-22(北毛診療所に隣接)
 
● 定 員
30名(+通所リハビリ20名)
 
● 面 積 等
鉄骨3階建、敷地(約1,570m2)、建築面積(約740m2)、延べ面積(約1,720m2=老健施設約1,350m2)、その他(約370m2)
 
● 主な施設
1階(通所リハビリ施設) 、配膳室、食堂、ミーティングルーム、浴槽(一般浴槽5・特別浴槽1)、2階(ユニット1~2)、3階(ユニット3)、その他(サービスステーション・トイレ・汚物処理室・相談室・洗濯室など)

● 職 員 数
25名(医師1・看護師3・を含む専従19名+兼務6名)
☆北毛保健生協のHPはこちら(老健ほくもう関連情報はありません)
TOPへ戻る