本文へ移動
群馬県生活協同組合連合会
〒371-0026
群馬県前橋市大手町 3-19-3
TEL 027-234-2376
FAX 027-234-8244

設  立: 1958年10月30日
会  長: 中村 隆夫
会 員 数: 14組合
     (他に準会員1)
組合員数: 約74万2千人
     (2019年度末現在)
総事業高: 約812億円
     (2019年度)

 
群馬県生協連女性協議会第27回定期総会の全議案を
書面で議決しました
 群馬県生協連女性協議会(女屋美由紀会長)は6月16日(火)付にて、第27回定期総会を開催しました。新型コロナウイルス感染防止のため、今回は代議員出席による会議は行わず、すべて書面で議案の確認を行いました。
 書面議決確認のため、当初予定していた生涯学習センターに新旧の運営委員が集まり、総会の成立と全議案の賛成多数による可決を確認しました。
 
新旧運営委員(シャッターを切る時だけ、マスクを外しました)
 新旧運営委員が集まった席の冒頭、女屋会長から「すべて書面で総会を開催するのは異例の事態で残念、県連女性協の活動はまだまだ認知されていない、女性の進出は遅れているのがわかった、会員生協に男女共同参画アンケートのご協力をいただき、2会員生協と懇談する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止になった、ぜひ新体制で活動を進めていってほしい」とあいさつがありました。
 つづいて群馬県生協連中村隆夫会長理事より「パートなど非正規職員の女性が首を切られるなどの状況がある、男女共同参画社会の実現のためには男性の意識を変えていくことが大切。全国の進んだ事例を参考に進めていきたい」とあいさつがありました。
その後、新旧運営委員による開票結果確認が行われました。確認内容は、以下の通り。
 代議員定数14会員生協53名、有効投票数13会員生協52名。
 第1号議案「2019年度活動報告及び活動費報告の件」 賛成52
  *賛成多数で可決されました。
 第2号議案「2020年度活動方針及び活動費計画決定の件」賛成51、反対1
  *賛成多数で可決されました。
 第3号議案「役員選任の件」賛成51、反対1
  *賛成多数で可決されました。
 
 新旧運営委員の交流では、旧運営委員から「女性協議会の活動は奥深く大切と感じてきた」「女性のこまやかな意見をもっと社会に発信していきたい」「男女共同参画を家庭からとやってきた。他生協と交流し活動できたことはよかった」「日本のジェンダー平等は世界で114位と低い。生協の中での男女共同参画の意識付けが課題と感じている」「今回で運営委員からは外れるが、今後も女性協の活動を広めていきたい。経験の少ない自分でも発言しやすい場だった」「1年の活動を通してやっと女性協の活動がわかってきたところで交代になる。残念だがこれらも若い人を支えて、自分自身も活動に参加したい」などの意見が出され、新運営委員からも「他団体との交流が楽しみ」「女性協はいいとりくみをしていると思ってきた。女性の力が大事と思う」「家庭からの男女共同参画を大切にしていきたい」「女性協で学んだことを子供たちに伝えていきたい」などの意見が出されました。
 しめくくりに田中利恵子新会長から「コロナの中での活動はこれまで通りとはいかないが、男女共同参画の意識をどう向上させていくのか、とりわけ男性の抵抗がある中をどう伝わる感じる活動にしていくのか、一緒に考えていきたい」とあいさつがあり、総会日程を終了しました。
今総会で選任された運営委員は、以下の通り。
 
会  長
 田中 利恵子
県連副会長理事、コープぐんま理事)
副 会 長
 藤原 京子
(利根保健生協・理事)
運営委員
 木槫 千恵子
(コープぐんま・理事)
  〃
 中島 瑞恵
(生活クラブ生協・理事)
  〃
 冨永 みどり
(パルシステム群馬・理事)
  〃
 中野 真由里
(群馬中央医療生協・理事)
  〃
 吉田 寿美子
(はるな生協・理事)
          *6月18日(木)付で就任予定
 
なお、以下の運営委員は今総会をもって退任となりました。
女屋 美由紀
(コープぐんま)
新井 安子
(コープぐんま)
木村 好美
(生活クラブ生協)
上野 和泉
(パルシステム群馬)
甫仮 文子
(群馬中央医療生協)
石田 靖子
(北毛保健生協)
 
TOPへ戻る