本文へ移動
群馬県生活協同組合連合会
〒371-0026
群馬県前橋市大手町 3-19-3
TEL 027-234-2376
FAX 027-234-8244

設  立: 1958年10月30日
会  長: 中村 隆夫
会 員 数: 14組合
     (他に準会員1)
組合員数: 約72万5千人
     (2017年度末現在)
総事業高: 約808億円
     (2017年度)

 
群馬県生協連の第59回通常総会が開催されました

 群馬県生協連の第59回通常総会が、6月14日(木)、前橋テルサ9階つつじの間で開催されました。代議員総数54名のところ、本人出席40名、代理人出席14名の参加で以下の議案の審議を行ない、全議案を可決し、成功裏に終了しました。
総会のようす
県連八田会長
第1号議案  2017年度事業報告及び決算関係書類承認の件
第2号議案  2018年度事業計画及び予算決定の件
第3号議案  県連会費規程改定承認の件
第4号議案  役員選任の件
第5号議案  役員報酬総額承認の件
第6号議案  議案決議効力発生の件
 
 開会にあたり八田会長は、適格消費者団体に認定された消費者支援群馬ひまわりの会の活動をいっそう支援していくこと、地方消費者フォーラムが大きく成功したことなどにふれ、群馬県生協連の2018年度の活動の課題を述べてあいさつしました。
 総会には来賓として、群馬県生活文化スポーツ部消費生活課から福田芳美課長、群馬県農業協同組合中央会・各連合会から田村新衛参事・共通役員室長、日本生活協同組合連合会中央地連から渡邊大輔氏、中央労働金庫生協部から中林潤子上席調査役、中央労働金庫群馬県本部から浅賀道夫都県統括本部長にご出席いただき、代表して福田消費生活課長、田村JA群馬中央会役員室長、中央地連事務局渡邊氏から祝辞を頂戴しました。
県消費生活課
福田課長
JA群馬中央会
田村役員室長
日生協中央地連
事務局渡邊氏
  • 県消費生活課福田課長:群馬県生協連と会員生協が県内の消費者のリーダーとして県民生活の向上と安定に取り組んでいることに敬意を表します。悪質な消費者被害があとをたちません。高齢者の見守り活動にご協力いただいていますが、被害を未然に防止できた事例もあります。これからも貴連合会のご協力を願っています。
  • JA群馬中央会田村室長:フートピア21をはじめ協同組合間の連携にご協力いただいています。農業は厳しい状況が続いていますが、群馬の農業は元気です。今年4月には法人格を持った日本協同組合連携機構(ICA)が発足しました。県内の協同組合間連携、生協と農協の連携がいっそうすすめられることを期待します。
  • 日生協中央地連渡邊氏:議案書に見る通り、群馬県生協連と会員生協のみなさんが様々な活動を広く展開されていることに敬意を表します。行政や諸団体とのコミュニケーションを強めながら活動を発展させていかれることを期待します。
 
 総会では、適格消費者団体への支援、高齢者見守り活動の推進、食の安全・安心に関わる行政での協働事業の推進、災害対策・福島支援、生協大会・消費者まつりの開催などの2018年度方針を全会一致で確認しました。
中村県連新会長
 今総会では、役員選任が行われました。総会終了後直ちに第1回理事会が開催され、会長理事に中村隆夫コープぐんま理事長が選出されたほか以下のとおり互選されたことが、参加者に報告されました。
 
会長理事
(代表理事)
中村 隆夫
(コープぐんま:理事長)
副会長理事
吉田  登
(全労済群馬推進本部:本部長)
  〃
小澤  厚
(北毛保健生協:専務理事)
専務理事
(代表理事)
斎藤  剛
(県連専務理事)
常務理事
高橋  勝
(県庁生協:常務理事)
  〃
中嶋 義幸
(パルシステム群馬:専務理事)
  〃
関沼 光好
(はるな生協:専務理事)
理  事
女屋 美由紀
(県連女性協議会・コープぐんま:理事)
  〃
片山  忍
(利根保健生協:専務理事)
  〃
岡田 桂一
(群馬中央医療生協:常務理事)
  〃
塩谷 正明
(群馬県学校生協:理事長)
  〃
齋藤 久美子
(コープぐんま:理事)
  〃
菊川 麻里子
(生活クラブ生協:理事長)
  〃
反町 幸代
(パルシステム群馬:理事長)
  〃
佐藤 智之
(群馬大学生協:専務理事)
  〃
磯貝 靖雄
(高経大生協:専務理事)
監  事
大林  恵
(北毛保健生協:総務部長)
  〃
松本 勉枝
(生協コープぐんま:監事)
  〃
中台  円
(パルシステム群馬:監事)
オブザーバー
和久井 克孝
(よつ葉生協:専務理事)
顧  問
八田 直樹
(前県連会長理事)
 
 なお、本総会で理事7名、監事3名の方、顧問中嶋源治氏が退任となりました。永年のご奮闘に感謝します。
TOPへ戻る